ライバル? 競技? 文化?


タイガー・ウッズ ティーブ・ストリッカ。 フォート:Flickr "Omar Rawlings"。
タイガー・ウッズ とティーブ・ストリッカ。
Flickr “Omar Rawlings“, CC License

今年に入ってタイガー・ウッズが早くも三勝。 これで3年ぶりの世界ランキング1位を取り戻しました。

三勝目の大会(World Golf Championships at Doral  2013-03-10)の後、ウッズは友達スティーブ・ストリッカ選手からパットのアドバイスを受けました。



ストリッカがウッズのパット(アドレス)の問題に気付いて、45分位一緒にパットの細かい調整(左手のグリップと両手のポジション)をしたのです。

ライバル同士なのに、他人のプレーに協力するなんて、他のスポーツにあるでしょうか?

でも、これは初めてではないのです。 ウッズは2010年にショーン・オヘア選手に彼のコーチの連絡先を求め、オヘアは喜んで教えてあげ、その結果、2010年以来ウッズのスイングはもっとシンプルになり、今年のマスターズでは優勝候補の大いなる一人とも言われています。

 

何故か分かりませんがゴルフではそうみたいです。

2009年にあった練習試合で、ウッズがオヘアのパッティングの問題に気付いた時にも、ウッズはアドバイスを伝えたそうです。

この件についてインタビューで聞かれたウッズは「簡単なことです。 友達はいつでも手伝います。 ショーンは最近パッティングの調子があまりよくなかったので、参考になればと意見を伝えました。」

友達かどうかは別として、ライバル同士の間でアドバイスやヒントがシェア出来るのは、この競技の文化的成熟を感じます。

 

私も、選手や他のコーチをお手伝い出来るなら、情報やアドバイスをお伝えしたいと思います。

競い合いながらも、選手や他のコーチと知識の交流ができたら、、、と思います。

競技全体のレベルを上げるために。


この記事が役に立ったと思われたら、ぜひ「いいね!」や「シェア」をお願いいたします。 また、Twitterもやっております


follow us in feedly

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください