コンプレッションとノーマテックほんとに効く?


garmin_large
2009年位にダイナミックコンプレッションの新しい機械 “NormaTec MVP(ノーマテック)” が発売されて以来、多くのトップ選手が使っています。

こういう道具は、もともと深部静脈血栓症の患者の為に開発されたんですが、最近はいろいろな種目のトップ選手がリカバリー目的に使っています。

ノーマテックの情報を見ると、アメリカオリンピック委員会が2010年のオリンピックに40台を持って行きました。

リカバリー(回復を)を早めるために、コンプレッションソックスとマッサージの効果を同時な感じで 足の下から上までパルス(脈拍)で絞るワケです。



実際リカバリー(回復を)を早めるする理論ははっきりわからないけど、多分腫れを抑え、血行を良くして、運動でためた老廃物を早めに出すという事か(?)

人気なんですが、実際効果あるかどうかの発表はありませんでした。(ノーマテック自社では 研究されてるのかもしれません)

去年の11月にニュージーランド
10人(男)を体にダメージさせる運動(3 x 100回 足の遠心性収縮)をさせました
全員2回やって、二つのパターン:
1. 運動直後、24時間後、48時間後 ノーマテックを使う。
2. ノーマテックなし。
テストの前にと後パワーと力のテスト。
運動の24、48と72時間後を血液検査(筋肉のダメージのマーカーを記録)をしました。

結果は:
たいした変化なし。

完全に効果ない?
それはまだ言えないところと思います。 使ってる選手が「気持ちいい」と言ってるし。

研究者:
違う運動・スポーツになら違う結果が出るかもしれない。
違うスポーツの回復にベストの圧力、パルス(脈拍)タイミング、時間と回数など、もっと研究が必要です。

違ういい方をすると:私たちには見つけられなかったけど、他の研究で何かでるかもしれない。

以前 アイスバスについて書いたモノみたい。いろんな回復手順の証拠を見つけるのは思うより難しいみたいです。
なにせ、Normatec MVPは約180,000円(US$1750)もするので、簡単に確かめる事もなかなかね、、、

Photo credit: Normatec/Team Garmin.


この記事が役に立ったと思われたら、ぜひ「いいね!」や「シェア」をお願いいたします。 また、Twitterもやっております


follow us in feedly

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください