ロードバイク。アイテム一個一個の空気抵抗の影響を比べてみました


specialized_geartests

ロードバイクに乗り慣れて、次にパーツやギアをグレードアップさせるとしたら、、、
空気抵抗も一つの そして大きな選択要素になるのではないでしょうか?



Specializedまたトンネルのデータを集めて新たな発表をしました。
ウェア ヘルメット ホイール フレームと、一個ずつ風洞テストをして、40㎞を走った時にどのくらいのタイム差があるかを計算したそうです。興味深い話題ですね、、、

ウエア:
少しゆるめのウエアからフィティングいいウェア(SL Pro)に換えると: 40kmで45秒。

ヘルメット:
普通(Prevail)からエアロ(Evade):40kmで42秒。

もうちょっと貯金したら 笑)
ホイール:
一般的に最も変わるだろうとされるホイールですが、(CL60)を使うと:40kmで34秒。
ただ今回のテストでは、風は前から直接。 ななめ・横風だったら 更に+αな効果があるそうです。

フレーム(エアロ):
Tarmac → Venge: 40kmで59秒。
ホイルと同じく、ななめ・横風だったらもう少し効果がある。

合計:40kmで約3分!!(自力で3分縮めるには、かなりな練習をしないといけない!)

多くの人は、ホイールを変えると大きな影響(変化)を感じると言いますが、他のところも変えたなら、(割りとお手軽に) ホイールと同じ位の効果が期待できそうです。
さすがにフレームやホイールは お財布の負担が大きいです(笑)が、ウエアやヘルメットの空力を忘れて(意識してない)いませんか?
意外に効果が大きいようですよ!!


この記事が役に立ったと思われたら、ぜひ「いいね!」や「シェア」をお願いいたします。 また、Twitterもやっております


follow us in feedly

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください